外国為替取引(FX)

毎日4兆ドル以上の取引が行われている通貨取引市場は、世界最大の取引規模と流動性のある市場です。主要通貨といわれる米ドル、ユーロ、日本円、英 ポンド、スイスフラン、カナダドル、オーストラリアドルとニュージーランドドルが主に取引されます。通貨は必ずペアで取引され、最も多くトレードされてい るのはEUR/USD のペアです。通貨ペアとは1ユーロ(基軸通貨)購入するためにはいくらのドル(カウンター通貨)が必要かということを表しています。

外国為替取引(FX)は非常に人気があり、理由はさまざまですが、主な理由は以下の通りです。

  • • 流動性 – 非常に巨大な市場であるため、リクォートしたり取引が滞ったりすることがありません。戦略的にオーダーすることが非常に重要なことです。
  • • 24時間取引可能な市場  –  相対取引のため、市場が開くのを待つことなくいつでも取引できます。
  • • 市場の規模  –  非常に規模が大きく、例えばEUR/USD 市場で個人トレーダーが市場を独占するようなことはありません。
  • • レバレッジ  –  注文する取引高に応じて、ブローカーは基本的に外国為替取引においては高水準のレバレッジの機会を提供しています。
  • • 小口取引  –  1ピップにつき10セントから取引することがで、個人の資金負担を低くすることができます。
  • • トレードをサポートするオンライン情報リソースが無料で使用できます。


また、FXはコモディティや指数、株式とは異なり、ブル・ベアマーケットとは相関関係にない取引であるため、株価指数やコモディティに関係ない独自の取引機会を提供しています。

この分散された店頭市場の主要な参加者は、大手や地方銀行、政府、ブローカー(ECNやマーケットメーカー)、ヘッジファンド、大手企業、あなたのような個人を含むリテールトレーダーです。

FXを行う際、トレーダーは特定の取引の価格に影響を与える要素がたくさんあることを理解しておかなくてはなりません。その要素とは以下のような事柄です。

  • • 各国、各通貨圏の金融政策や財政政策
  • • 非農業部門雇用者数(米国)、消費者物価指数、小売売上高、製造業生産高、個人消費などの経済指標およびその発表
  • • コモディティの価格動向。例えば、金の価格が下落するとドルが上昇する可能性があります
  • • 世界経済の動向
  • • それぞれの通貨の金融市場
  • • 国債利回り


各通貨ペアは、上記のような要因がそのペアで取引される通貨それぞれに関連しています。トレーダーはある地域の経済の不確実性から利益を得るために、スイスフランのような安全な逃避通貨を思惑買いすることもしばしばあります。

  1. オンライントレード教育賞連続受賞
  2. 30日間返金保証!
  3. モバイル端末からアクセス可能


Home

Please contact us if you need support.